過去60日間に「編集」または「操作」が行われなかったため、このウィキは自動的に閉鎖されました。このウィキは非公開であるため、通常の再開申請プロセスを通じて利用者が再度開くことはできません。このウィキは6か月以内に再開されない場合、削除される場合があります。注: あなたがこのウィキの管理者である場合は、Special:ManageWiki に移動し、「Closed」(閉鎖) ボックスのチェックを外して再度開くことができます。

メインページ

出典: フリー百科事典『YsmWiki』
ナビゲーションに移動 検索に移動

""選り抜き記事

フランク王国フランス語: Royaumes francsドイツ語: Fränkisches Reich)は、5世紀後半にゲルマン人の部族、フランク人によって建てられた王国。カール1世(大帝)の時代(8世紀後半から9世紀前半)には、西ヨーロッパのほぼ全域に勢力を及ぼした。

この王国はメロヴィング朝カロリング朝と言う二つの王朝によって統治された。カロリング朝時代のフランク王国は、しばしば「フランク帝国」「カロリング帝国」などとも呼ばれる。キリスト教を受容し、ローマ・カトリック教会と密接な関係を構築したことから、西ヨーロッパにおけるキリスト教の普及とキリスト教文化の発展に重要な役割を果たした。843年に結ばれたヴェルダン条約によって、フランク王国は東・中・西の3王国に分割され、その後、西フランクはフランス王国、東フランクは神聖ローマ帝国の母体となり、中フランクはイタリア王国を形成した。これらを通じて政治的枠組み、宗教など多くの面において中世ヨーロッパ社会の原型を構築した……


""新しい記事

該当するものはありません。

""強化記事

現在はありません。