過去60日間に「編集」または「操作」が行われなかったため、このウィキは自動的に閉鎖されました。このウィキは非公開であるため、通常の再開申請プロセスを通じて利用者が再度開くことはできません。このウィキは6か月以内に再開されない場合、削除される場合があります。注: あなたがこのウィキの管理者である場合は、Special:ManageWiki に移動し、「Closed」(閉鎖) ボックスのチェックを外して再度開くことができます。

メインページ

出典: フリー百科事典『YsmWiki』

2023年3月11日 (土) 06:08; 行雲流水 (会話 | 投稿記録) による版 (1108-Kiju (会話) による ID:332324 の版を取り消し/どのような意図かは分からないがスタイルを変更する際は事前に合意を得るべき。)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

""選り抜き記事

抗酸化物質とは、抗酸化剤とも呼ばれ、生体内、食品、日用品、工業原料において酸素が関与する有害な反応を減弱もしくは除去する物質の総称である。特に生物化学あるいは栄養学において、狭義には脂質の過酸化反応を抑制する物質を指し、広義にはさらに生体の酸化ストレスあるいは食品の変質の原因となる活性酸素種(酸素フリーラジカル、ヒドロキシルラジカルスーパーオキシドアニオン過酸化水素等)を捕捉することによって無害化する反応に寄与する物質を含む。この反応において、抗酸化物質自体は酸化されるため、抗酸化物質であるチオールアスコルビン酸またはポリフェノール類は、しばしば還元剤として作用する。……


""新しい記事

該当するものはありません。

""強化記事

現在はありません。